【第1弾】BMXプロライダー菊池雄がお送りするアクティブキッズフェスタ特別コラム「一緒に輝こう!ナイスキッズ!」


(写真:山上エイゴ君 現在6歳)

どうも、こんにちは!今回ARIAKE KIDS CUPのMCを務めるプロBMXレーサーの菊池雄です!


僕は2012年に、レース中に大怪我を負い、BMXレースから離れる決断を迫られました。それでも、大好きなBMXを選び、東京五輪出場への夢をつかむために、今、全力疾走です。

そんな僕が、アクティブキッズフェスタに参加することで、多くのキッズたちと夢を共有できればと思ってます。一歩だけでも、半歩だけでも前進することで、大きな発見があるはず!一緒に楽しんで、次のステップへのきっかけ作りができればと思ってます。

そんなわけで、このアクティブキッズフェスタで、一緒に輝こう!ナイスキッズ!を数回に渡って担当させて頂くことになりました。今回はその第1段となります!


◆ 一緒に輝こう!ナイスキッズ!菊池雄コラム vol.01

ここ数年、BMXレースのプロ活動を続けながら、ランニングバイクのMCもやってきました。その中で僕自身たくさんのキッズから勇気をもらってきました。与えるつもりが、貰ってばかり!大きな力になってレースへのモチベーションに繋げています。そこで、これまで僕が力を貰った輝かしいキッズたちを紹介し、レースの魅力を伝えていきたいと思います


まず最初は、千葉県流山出身の山上エイゴ君(現在6歳)。

MC活動を行う中で、たくさんのランバイクキッズと出逢い、嬉しい事に皆が僕の元へ集まり寄り添って来てくれるようになりました。

その中でも山上兄弟はいつも元気に近づいてきてくれます。特にお兄ちゃんのエイゴには「ゆうさん、MCがんばってね!」や、僕がBMXレースに出る時は「ゆうさんレース頑張ってね!」など、逆に応援をしてくれる事があり、僕自身も自然と注目するようになりました。

現在6歳のエイゴは、BMXレーサーです。ランバイクレース時代からライディングを見てきて、エイゴのレース中のライン取りに圧倒された覚えが多々あります。ライダーが集団で固まっている時、入るスペースがわずかでも突っ込んで行くガッツある精神力に注目してました。

そして、エイゴは5歳以上となりBMXレースの世界へとステップアップして来てくれました。BMXに乗れてもブレーキがまだ上手くできなかったり、レースコースのジャンプ(コブ)が大きくて一人で登りきれず、そのままズルズル落ちてしまったり、まるで僕が4歳の時のBMXデビュー当時を見ている様でした。

エイゴの強いところはどんなにハードなクラッシュをしても、決して泣き顏を見せないところ。僕が「大丈夫?」と聞いてもエイゴは「大丈夫!」と踏ん張り、立ち上がるガッツがランバイクを乗ってる時からそのままでした。。今はBMXを通じてさらに精神力が身についているように感じます。

頑張って失敗しても、また一生懸命ゴールを目指すエイゴのチャレンジ精神を見て、僕も目頭が熱くなるほど勇気をもらえています。エイゴ、そのチャンレンジ精神を大事にこれからもがんばっていこうね!!!

ーーーーーー

ランニングバイク大会『第2回ARIAKE KIDS CUP』エントリー受付中です!

http://activekidsfesta-201504-vol2.peatix.com/

※ エントリーは3月31日まで受付