アクティブキッズフェスタにパンプトラックエリアが登場!今回は、国内を代表する3つのダートパークがパンプトラックエリアをプロデュース!

11月19日、20日に東京有明で開催するアクティブキッズフェスタですが、今回もキッズたちに大人気のパンプトラックエリアが登場します。


そして、今回は、国内を代表する3つのダートパークがこのエリアをプロデュース!

今回は、三重県のGONZO PARK、愛知県のスラムパーク瀬戸、八ヶ岳のYBPが、このパンプトラックエリアをプロデュースします。


YBPの写真


今回、アクティブキッズフェスタに準備するパンプトラックは、直線の形状だけでなく、カーブも体験が可能。様々な大きさのパンプトラックの体験が可能です。


パンプトラックエリアの一部は、新競技「Compact Bike Race」のプレ大会に利用しますが、レースやデモンストレーションの合間の時間帯は、人数・時間限定で「Compact Bike Race」のコースも自由走行が可能となっております。


大会に出場しない方でも「Compact Bike Race」のコースを走行することが可能です。

※大会実施のため、人数・時間の制限あり。


パンプトラックエリア体験

利用料金:有料(500円)となります。



自走する乗り物でジェットコースター感覚で楽しむことができる”パンプトラック(PumpTrack)”の国産ブランド「Compact Pump (コンパクトパンプ)」の販売ページ。

パンプトラックは、MTB・BMXやランニングバイクで楽しむ”新感覚”な遊具です。これから、ショッピングモールの中、公園、アウトドア施設、スポーツ施設などでの新たな"アソビ"として、日本中の集客施設への導入を提案しています。

Compact Pumpのパンプトラックを活用したタイムレースの様子です。